2008年08月23日

4位という現実 〜北京五輪野球〜

日本4−8アメリカ


一次リーグでも、韓国・キューバ・アメリカに勝てなかったんだから
「4番目の実力」ということだったのでしょう。

きょうの結果を見て、「悔しい」って感じないんだよね…
惜しくもなんともない試合だったからだろうか。

荒木のソロで先制。
すぐにホームランで追いつかれるも青木のスリーランでさらに突き放す。
ここまでは、よかった。
3回、またしてもG.G佐藤が落球。。
昨日の韓国戦でも2回もやらかしてたのに…この人しかレフト守れる人いないんか!?
これをきっかけにスリーランを浴びて同点にされた。

もう、ぜんぜん勝てそうな気がしない!

案の定、5回に4点取られて、END。
しかし、和田のあとを受けた川上、3イニングも引っぱる意味あったのかなぁ。
もう次の試合なんてないんだし、もっとこまめに継投すれば…
4点も取られてからダル出したって、なんの意味があるんだろう。

打線も、逆転するぞ!って奮起するどころか、重圧にがんじがらめ。
これじゃどうしようも。

4番目の実力だったってことなんですよね。
なんであんなに金メダルを期待してしまってたのかなぁ…
とりあえず、星野監督は短期決戦に向かないってことはよくわかりました。ってか、2003年からわかってたけど、何かが変わったかな?と思ってたもんで。
きっとコーチ陣も監督にはなんも言えなかったのでは。
ここに島野さんがいたらなぁ…と思った人は結構いるとみた。

お疲れさまでした。
チームに戻って、この経験を生かしてもらえればと思います。

個人的に…
新井さんが最後までパッとしなかったのが残念でした。
posted by ゆゆし at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(3) | タイガース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。