2008年10月08日

10/8 阪神1−3読売(東京D)とうとう陥落…

なんやかんや言って、追いつかれてから一度も首位の座は明け渡してなかったんだよね。

よく今までもったよなぁ…ふぅ。

そんなわけで、同率首位で迎えたこの一戦、阪神が破れたので2位に転落。
読売にマジック2点灯。

…。

押し出しでの1点のみとは…がっかりですわ。

あとお互いに3試合残してますが、読売の相手は横浜とヤクルト。
全部勝つに決まってるやん!って感じっすね。

ちょっと、やさぐれ気味です。

はぁ…
posted by ゆゆし at 21:41 | Comment(2) | TrackBack(1) | タイガース
この記事へのコメント
内海から山口に代わる場面、岡田監督が辛抱しきれずに代打檜山を告げた時点で負けでした。
あそこは先に動くなら高橋光。
山口を出させない代打起用をしないと、、、
何を言っても後の祭りです。
Posted by CherryBomb at 2008年10月08日 21:58
CherryBombさん、コメントありがとうございます。
ほんと、そうですよねぇ…
あの場面が1点のみに終わった時点で、負けたと思いました。
ガッカリです。。
Posted by ゆゆし at 2008年10月09日 05:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

今季最後の天王山! 巨人、単独首位浮上でマジック2点灯!
Excerpt: ◆G3−1T◆同率で迎えた今季最後の首位攻防戦。阪神は初回、先頭のシャア少佐がヒットで出るも、関本のバントがキャッチャーゴロゲッツーとなる最悪の展開。続く2回にも一死一塁のチャンスを鳥谷のゲッツーで潰..
Weblog: ANQ Ritzberry Fields
Tracked: 2008-10-08 22:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。